メンズ・シルバーアクセサリー【pra-na】通販/ブランド

オリジナルデザインのリングやペンダントヘッドなど人気のメンズ・シルバーアクセサリーをご紹介しています。

*

メメントモリという生き方

      2017/03/17

こんばんは。シルバーアクセサリー【pra-na】の阿部です!

本日は「メメントモリ」について書こうと思います。スカルなどをモチーフとした作品には「メメントモリ」というテーマが潜んでいる事があります。というかスカル=メメントモリと言ってもいいくらい切っても切りはなせない重要なテーマです。スカル、人骨がむき出しの状態で人の目に触れるという事は「人の死」を経由している事を意味します。変な例えですが道端に本物のスカルが放置されていれば、非日常的な違和感を誰しも感じ、天災などを除けば、何かしらの犯罪を連想するでしょう。

PRI024_01ダメージスカルリング

「死」から目を背けない生き方を

「人の死」とは誰しもがそこから逃れる事のできない、絶対的なものであるにもかかわらず、私たちがいかに死を潜在意識に追いやっているかがよくわかります。
これが戦時中であれば、またしても不謹慎ですが、傍らに頭蓋骨が転がっていても違和感を感じないかもしれません。それは戦場が「死」を顕在化し、自分も死から逃れる事ができないという、当たり前の事実を受け入れざるをえない状態だからです。

スコーピオン スカル ペンダントスコーピオン スカル ペンダント

どちらの状況が望ましいかという問題ではなく、死を受け入れた生き方と、死から目を背けた生き方には大きな隔たりがあって、その意識の積み重ねは大きな差を生み出します。

もちろんお金を稼ぐ事自体が悪いわけではありません

自分が生きるとはどういうことか、真剣に考えておかないと、お金を稼ぐ、地位と名声を得るということが目的化してしまいます。「お金、名声、地位」は一見貪りの象徴で罪悪のように言われる事がありますが、私はそうは思いません。それらは「手段」にすぎないということです。大事なのは得たもの(ここでは「お金、名声、地位」)を使って何をするかです。松下幸之助さんはまさに持てるものすべてを自分の信念に注ぎ込みました。私が知る限りそこに私利私欲は感じられません。スケールの違いはあれ、私たちはそういう生き方を選択するべきじゃないでしょうか。(こんなこと、本来は私が上から目線で言える事じゃないんですが…。)

「貪り」は「7つの大罪(罪源)」の一つとされています。キリスト教(カトリック)がどのように説いているかはわかりませんが「批判」もまた罪源じゃないかと思うんですがどうなんでしょうね?それは結局「善と悪」ですから。
私利私欲もすべてが悪と言い切る事はできませんよね。だからといって好き放題欲望の赴くままに貪っても良い。という訳ではもちろんないです。要はそんなにすべての人に当てはまるような基準があるわけではなくて、私たちひとりひとりが自分の中の良心に照らしていくしか無いのだと思います。

 

この他にもfacebookインスタグラムなどでもイメージ写真を公開していますので、是非覗いてみてください!(Twitterのアカウントも存在しますが、あまりアクセサリーと関係ないことばかりつぶやいてます…汗)


 

シルバーアクセサリーpra-na , シルバーアクセサリープラーナ楽天市場店
ではさまざまなオリジナルのリングペンダントを取り揃えております。シルバーアクセサリーの通販ならぜひpra-naをご利用ください。

 - シルバーアクセサリー, スピリチュアル